月別アーカイブ: 2017年11月

葬儀に必要な3つの費用

葬儀にかかる費用は、一般には「葬儀本体費用(葬儀一式費用)」と「寺院費用」、そして「飲食接待費用」に大別され、この3つの合計額が実際にかかる「葬儀費用」と言われます。


葬儀に必要な費用

葬儀一式(本体)費用 寺院費用 接待飲食費用 葬儀社が事前に示す見積書は、通常は「葬儀本体(葬儀一式)費用」のみで、「寺院費用」や「飲食接待費用」に属す費目は入っていないのがふつうです。つまり、葬儀社の見積書=葬儀費用の総額ではないということは、知っておく必要があります。 また、葬儀社が「○○葬プラン」といった広告・案内している葬儀セットの価格では、最低限の飲食接待費用は含まれていることが多いですが、寺院費用は入っていません。あくまで、葬儀の基本セット料金と考え、誤解しないようにしましょう。

「葬儀本体費用(葬儀一式費用)」

葬儀一式費用、または葬儀本体費用とは、病院などへの遺体のお迎え・搬送に始まり、通夜・葬儀式(お葬式)・告別式、そして火葬・骨上げと続く葬儀葬送のかたちを整え、執り行うために必要な物品や人、場所などにかかる費用です。 葬儀一式(葬儀本体)費用の費目内容は、葬儀社が直接的に取り扱い、提供するものがほとんどです。このため具体的な金額は、打ち合わせ直後に葬儀社が提示する見積書の費目・金額・合計とほぼ重なります。

葬儀一式(葬儀本体)費用は、葬儀にかかる三つの費用の中では金額的にもっとも多くを占めるのが通例です。 したいと思う葬儀を無理なくするには、葬儀一式(葬儀本体)費用に含まれる費目内容を理解・把握して葬儀予算を立てることが重要です。

葬儀前

○寝台車
病院等-自宅/斎場など故人を搬送する費用です。

○枕飾り
仏式の場合、花立て、香炉、燭台の三具足、一本樒、 線香、ろうそくを用意します。

○ご遺体保存処置
通常ドライアイス(10,000円/日前後)や防腐防臭剤を使用します。首都圏の場合、葬儀式まで数日を要しますので、日数分必要となります。

○お遺体のメイクアップ
湯灌やエンバーミング、メイクアップなどを希望の場合、別途必要となります。

○保管料
ご自宅での安置ができない場合、葬儀社や斎場の安置室を利用することになります。1日につき数千円~2万円/日が相場です

○お棺
葬儀社で手配します

通夜・葬儀式

○式場使用料
葬儀社によって含まれていない場合もあります。

○祭壇
白木祭壇と花祭壇があります。また、花祭壇には造花(アレンジメントフラワー)と生花があります。白木祭壇、造花祭壇の場合、お別れの際に別途切花が必要になります。

○位牌
仏式では、白木位牌が必要です。葬儀社で手配して貰えます(料金は葬儀社で異なります)。

○祭壇廻り
御供物、水引幕等があります。

○遺影写真
遺影写真(モノクロ・カラー)と写真額の費用です。

○受付・焼香具等
受付用品には、筆記具・記帳用紙・貴重品袋が、焼香具には線香・蝋燭などが含まれます。

○会葬礼状
会葬礼状

○その他
音楽葬等特別な音響設備や照明設備が必要な場合、別途必要となります(斎場備付けの設備でも有料)。また、着付けなどを頼むことも可能です。

会場(斎場・式場)の外を使用する場合
斎場外で使用する項目は、斎場や葬儀規模により大きく異なります。

○門灯造園等装飾
斎場入り口に家紋を入れた提灯や高張等装飾を施す場合の費用です。

○テント装飾
斎場に、会葬者を受け入れるスペースを充分に取れない場合使用します。また、冬場にはストーブ等も必要となります。

○案内看板
会葬者を斎場を案内するための捨看板、斎場前に据え付ける故人名式場看板があります。

火葬

○霊柩車
斎場から火葬場までお棺を運ぶ車両です。火葬場併設斎場でも、代々幡斎場など民間斎場では、場内移動に霊柩車を使用します。

○バス・ハイヤー
親しい身内の移動にハイヤーを、それ以外にハイヤーを人数に応じて手配します。

○火葬料
火葬料は、民間火葬場・公営火葬場ともに定価が表示されます。

○火葬中待合室使用料
火葬場によっては、火葬料と待合室使用料は別途です。火葬に1~2時間を要しますので、10名以上の場合は待合室が必要となります。

その他、葬儀を通じて

○運営スタッフ
司会進行や、交通整理など、会葬者に応じて運営スタッフが必要となります。

○運営管理費
打ち合わせから葬儀式完了まで運営を管理する費用で、管理費、運営費、手数料などの名目で記載されています。


「寺院費用|読経料と戒名料」

寺院費用とは、読経料や戒名料などを指しますが、この費用は寺社や教会によって大きく異なります。

○読経料
一般的には、通夜から初七日までの読経料20~25万円 を目安にするとよいでしょう。ただ、寺社・教会の格などで大きく異なりますので御留意ください。また、49日など法事の際の読経料は5~10万円が一般的です。

○戒名料
戒名とは、「仏の弟子」としての名前で、宗派によっては、「法名(浄土真宗)」、「法号(日蓮宗)」ともいいます。本来は仏門に入っている人が生前に与えられるものですが、現在では通夜が始まる前に菩提寺の僧侶につけてもらうことが多いです。
戒名料は一般的に 戒名料は信士、信女の場合5~10万円 が相場と言われておりますが、これも菩提寺の宗派や寺格等により大きく異なりますのでご注意ください。

「葬儀後に必要な費用」

葬儀後に必要な費用は、仏式以外はそれほど多くありません。

○法要・偲ぶ会
初七日法要は、繰上げて告別式後に執り行うことが多いのですが、次いで49日法要、初回忌と続きます。キリスト式の場合は、3日後、7日後は省略又は繰上げ、1ヶ月後に執り行います。自由葬以外は、導師へお布施・献金が必要です。

○仏壇
葬儀終了後、後飾り祭壇を貸し出してくれる葬儀社もありますが、49日法要前には仏壇を必要に応じて別途ご用意する必要があります。

○納骨・墓石・墓地
菩提寺の僧侶立会いの下、納骨を行います。最近では永代供養墓にも人気があります。

○相続手続き
相続手続きには、単純承認(債権債務、財産を全て相続)、限定承認(財産が債務を上回っている場合に相続)、相続放棄の3種類あり、3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを踏む必要があります。

遺品整理の方法や業者相場について

人が亡くなったとき、遺族は故人を弔うために葬儀を行います。葬儀は故人にとってはもちろんのこと、残された遺族たちにとっても非常に大きな意味があります。さらに、葬儀を終えた後にも遺族にはやらなくてはならないさまざまなことがあります。そして、葬儀を終えた後にやらなくてはならないことのひとつに遺品整理と形見分けがあります。 そこで今回はこの遺品整理についての決まりごとやしきたりなど、さまざまな知識についてご紹介させていただきます。



関連記事:形見分けについて

遺品の整理について詳細

「遺品整理とは」

遺品整理とは文字どおり、故人が遺した品である遺品を整理していくことを指します。 大切な故人の遺したものは残された遺族にとっては、とても大切な思い出の品であり、故人の身の回りのものを整理したり、処分したりするという行為はとても辛いことですが、いつかは整理をしなくてはなりませんし、遺品整理をしていくことで気持ちの切り替えができることもあるでしょう。 ですから、故人との大切な思い出の品であっても葬儀の後の手続きなどがひと段落したら、少しずつ遺品整理をしていくのがよいでしょう。

ちなみに遺品整理をはじめる時期の目安についてですが、四十九日(七七日)が終わった後が目安といわれているようですので、四十九日を過ぎた後から徐々に遺品の片付けをはじめていくのがよいのではないでしょうか。

「遺品整理の方法について」

ここまでは、遺品整理とはどのようなものなのかにご紹介させていただきましたが、ここからは実際に遺品整理をする際にどのようにすればよいのかを具体的な例を交えながらご紹介させていただきます。

【故人が生前に勤めていた会社の資料やデータなどについて】

故人が生前に勤めていた会社の仕事用の資料やデータなどが遺品として出てきた場合は、自分たちで勝手に判断して処分したりしてはいけません。 このような場合には故人が勤めていた会社や、そこに勤めている故人の元の上司や部下の方に事情を説明して遺品をどのようにすればよいか相談し、しっかりと確認しましょう。 そのうえで会社側の指示にしたがい、遺品として出てきた資料やデータを処分したり返却したりするのがよいでしょう。

【故人が生前に自営業をされていた場合について】

生前に故人が自営業をされていたような場合には、生前に遺していた領収書や請求書などの書類をしっかりと残しておくようにしましょう。 これは過去の所得税がかかってくることがあるためで、領収書や請求書などの書類について5年間は保存しておくようにしましょう。

【故人が生前に書き残した日記や手帳、住所録などについて】

故人が生前に書き残した日記や手帳、住所録などが遺品として出てきた場合にはそれらもしっかりととっておくのがよいでしょう。これは後で何か思わぬところでこのような日記や手帳、住所録などが必要になってくるケースもあるためです。 故人の日記や手帳、住所録などについては少なくとも3年くらいの間は手元に残してとっておくのがよいでしょう。なお、これは手書きで書かれたものに限らず、パソコンなどで作成されたデータであっても同様ですので注意するようにしてください。 また、故人が書き残した日記や手帳は故人の思い出の品にもなりますし、故人が生前どのように生きてきたかを知り、それを学ぶきっかけになることも少なくないので大切に持っておくのもよいのではないでしょうか。

【故人が生前に友人や知人の方から何かをお借りしていた場合について】

故人が生前に友人や知人の方から何か借り物をしていた場合で、そういったものが遺品として出てきた場合には、故人が亡くなってしまったからといって、いつまでもお借りしたままでは相手の方も困ってしまいますので必ずなるべくすみやかに返却するようにしましょう。

「遺品整理業者に委託する場合」

ここまでは遺族が自分自身で故人の遺品を整理する際の方法やその注意点についてご説明させていただきましたが、さまざま事情によりどうしても自分で故人の遺品を整理することができないというケースも決して少なくありません。 そこでここからは遺品整理業者に遺品の整理を委託する場合の方法や注意点、委託をした場合の金額の目安などについてご説明させていただきます。


「遺品整理業者とは」

遺品整理業者とはその名の通り、遺族に代わり故人の遺品の整理を行ってくれる業者のことです。 具体的には故人の遺していった遺品を形見として残しておくものと、処分するべき不要なものとに分けてトラックなどで運び出す作業をしてくれます。

「遺品整理業者に依頼する際の注意点について」

前項で述べたようにこのような遺品整理業者は遺品整理を自分の手で行なうことができない場合などに特に便利です。
たとえば、故人の生前の自宅が賃貸物件などで退去期限が迫っている場合や、多忙であったり、故人の自宅が離れていたりするためになかなか遺品整理のための時間をとることが難しい場合、また遺品の量が非常に多く自分だけではとても整理しきれそうにないときなど、このような場合には自分で遺品整理を行なうよりもこのような業者に依頼をするほうがよいでしょう。
しかし、遺品整理を業者に委託する場合はどの業者に依頼をするかを慎重に選ばなくてはいけません。

遺品整理業者を選ぶためのポイントはいくつかあります。
たとえば、依頼をした場合の金額もそのひとつといえるでしょう。
遺品整理業者に依頼する場合、事前に金額がいくらくらいかかるのか見積りを出してもらうことができるので、どの業者にするかを決めるのに見積りで出された金額をひとつの目安とするのもよい方法のひとつではないでしょうか。
ただし、業者選びのポイントは決して金額だけではありません。 いくら金額が安くても依頼した業者やその作業員の質が悪ければ、後で後悔をしてしまうことも少なくありません。
先ほどもご説明させていただいた通り、遺品整理業者というのは故人の遺品を残しておくものと不要なものとに分けて搬送するのが仕事ですが、質の悪い業者に依頼してしまって、業者の作業員が本来残しておくべき故人の遺品を誤って破棄してしまったというケースなどもあり、業者選びには慎重な判断が必要であるといえるでしょう。

また、遺品整理をしていると遺品整理前日までに気付かなかった品が出てくることがあります。 そのような場合でも質の高い作業員であれば廃棄する前に見つけて一言残しておくべきかどうかを確認してくれたりすることもあるようです。

「遺品整理業者に依頼した場合の金額の目安について」

前項でご紹介したように遺品整理業者を選ぶ際にはさまざまなポイントがあります。 そのひとつが金額ですが、ここでは一般的な業者に遺品整理を依頼した場合の金額の目安についてご紹介していきます。

1Kの場合 (作業員) 1~2名 程度   (金額の目安) 4~6万円 程度
1DKの場合 (作業員) 2名 程度 (金額の目安) 8~10万円 程度
1LDKの場合 (作業員) 3名 程度 (金額の目安) 12~14万円 程度
2DKの場合 (作業員) 3名 程度 (金額の目安) 15~18万円 程度
2LDKの場合 (作業員) 4名 程度 (金額の目安) 18~22万円 程度
3DKの場合 (作業員) 5名 程度 (金額の目安) 21~26万円 程度
3LDKの場合 (作業員) 6名 程度 (金額の目安) 24~30万円 程度

以上が遺品整理業者に遺品整理を委託した際の料金の目安です。
ただし、これはあくまで目安ですから、よりくわしい金額をお知りになりたいという場合は前項でご紹介した通り、一度業者に見積りをとってもらうことをおすすめいたします。

形見分けについて

形見分けとは生前に故人が大切にしていた物を親族や近親者、故人と親しかった人たちに贈る習慣のことをいいます。
なお、何を形見分けするかについては特に決まりはなく時計や装飾品、書物などさまざまなものが贈られます。

ちなみにこの形見分けの習慣は昔から現代まで行なわれてきたものですが、かつては着物を贈ることが主だったそうです。これは故人の着ていた着物にその魂が宿るといわれていたからだそうです。また、当時は着物が大変貴重なものであったため、丈の長さを調節したり染め直して作り変えたりして、ひとつの着物を代々受け継いで使っていたともいわれています。



関連記事:遺品整理について

形見分けの方法について

ここまでは形見分けとはどんなものかについてご説明させていただきましたが、ここからは具体的な形見分けの方法やそのしきたりについてご紹介させていただきます。
先ほどもご紹介した通り、形見分けとは故人が生前に愛用していた物や衣類などを近親者や故人と親しかった方に贈る習慣ですが、まずは誰に何を贈るかについて決めなくてはなりません。 具体的に誰に何を形見分けするかについては、故人とその品物を贈る相手との間柄を考慮しつつ、遺族が相談して決めていきます。
また、形見分けについて何か故人からの遺言があれば、それに従って形見分けをしていきます。

形見分けをするときに注意すべきこと

ここからは形見分けをする際のマナーについてご紹介させていただきます。
まず、形見分けをするのは基本的には、故人と特に親しかった人だけにしましょう。 形見分けは断りにくいものですから、それほど親しくなかった人や目上の人に対してはかえって失礼にあたります。ただし、目上の方であっても本人から形見分けの申し出があった場合には問題ありません。



また、品物を渡す際のマナーですが、形見分けをする際の遺品には包装はせず、そのままお渡しするのがしきたりです。さらにこのとき、故人がその品を愛用していたときの思い出話なども交えるとよいかもしれません。

形見分けのときに贈る品物について

前項でご説明した通り、形見分けをするときに贈る品には特に決まりはありせん。 衣類や時計、装飾品や万年質、書物など何でも構いません。
しかし、形見分けでもらったものは捨てるわけにはいきませんから、贈るときは傷みがひどいものやあまり古いものは贈らないように気をつけ、相手がもらって喜ぶもの、愛用できるものを贈るように心がけましょう。
このとき、形見分けの前に品物を受け取ってもらえるか相手に一度確認してみるのもよいでしょう。また、贈るものがあまり高価なものになってしまうと贈与税がかかってしまうことがあるので貴金属などを送る場合には十分注意しましょう。

形見分けをする時期について

形見分けは葬儀の後に行なうものですが、一口に葬儀の後といってもその時期はそれぞれの宗教ごとに異なります。
そこで、ここではそれぞれの宗教ごとに形見分けをする時期についてご紹介させていただきます。ご自分の信仰されている宗教にあわせて形見分けをするようにしましょう。
仏式の場合 四十九日の忌明けのとき
神式の場合 五十日祭のとき
キリスト教 故人が亡くなってから1ヶ月後の追悼ミサや記念会のとき